圡楽について

土楽窯

圡楽は、三重県は伊賀の丸柱において江戸時代より続く窯元です。 四季折々に景色が移ろう自然豊かな伊賀の里で、代々守ってきた田畑で米や野菜をつくり、焼き物をつくり、営んできました。

職人

現在でも伊賀の土を使い、手挽きろくろを回し、土の力を最大限に生かすため、職人がひとつひとつ手づくりしています。時間をかけ土と語り合いながらできたものは、温もりがあり 素朴で自然な風合いを持ち、月日を重ねるごとに、それぞれに微妙に異なる表情を見せていくのが特徴です。

土楽の土鍋

「うつわは前に出ず、後ろに下がらず、使えば料理とともに引き立てあう そういうものを目指している」
現当主で 8代目となりますが、先代に続き、ときには自ら料理する姿をあらわにし、圡楽窯のものづくりをお伝えしてまいります。

メディア情報

THE NORTH FACE
「前進するということ」( インタビュー /  ムービー
家庭画報〈6月号〉
名産地・名店で味わう、家庭で楽しむ究極のアワビ三昧
ひととき〈5月号〉
ひとときエッセイ「そして旅へ」〜かけがえのない記憶〜